ダイエット外来での治療内容|肥満の原因を知る

ダイエット外来の費用

婦人

ダイエットは自分自身を綺麗にしたい、健康になりたいと思う気持ちから行なうものです。しかし、ダイエットは食事制限や運動など楽しいことばかりではありません。ダイエットを1人では頑張れないという人は最近、病院やクリニックにあるダイエット外来に相談してみると良いでしょう。ですが病院に行くということですから、もちろんその分の費用はかかってしまいます。
ダイエット外来の費用について詳しく見てみましょう。
ダイエット外来にかかる費用は大きく分けて3つあります。1つはプログラムの指導料です。こちらは、ダイエット外来に足を運び検査から治療が終了するまで費用ですが、治療期間や方法は人によって異なります。また、病院やクリニックによっては金額に差があるでしょう。保険が適用される場合もありますので、その際は負担は軽くなるので安心してください。2つ目はダイエットに薬を用いて治療する場合の薬代です。こちらも人によって使用する薬の種類は異なります。それでも1か月に1万円以上はかかると言われています。保険が使える薬もある場合は、費用は安くおさまります。3つ目が脂肪吸引、脂肪溶解注射などを行なう外科的施術です。残念ながらこちらの場合は、保険を適用することが出来ませんので、すべて実費になります。施術したい場所や行なう範囲によって、かかる費用は異なっていきます。やはり、ダイエット外来ともなるとすべてが保険が適用されるわけではないので、多少なりとも費用はかかることがありますね。そこで、ダイエット外来でも保険が適用される条件がありますので、チェックしていきましょう。
保険が適用される可能性が高い条件として、BMIが35以上ある高度の肥満の方です。ここでいうBMIとは自分の体重÷身長の計算を行ったら出てくる数値のことで、肥満度を表しています。この数値が高い人ほど、高度の肥満と言えるでしょう。次に健康診断でBMIが35以上あり肥満と診断された方、あわせて高血圧、脂質異常症、糖尿病を言われた方や、肥満によって発生するいびきや、睡眠時無呼吸症候群と言われた方などが保険が適用されやすいでしょう。しかしながら、美容のためだったり高度の肥満ではなく医学的に問題がない人は保険は適用外で、治療費は実費になりますので、気を付けてください。
インターネットでは様々なダイエット外来を紹介しており、費用で比べたダイエット外来を受診できる病院やクリニックサイトのランキングがあります。そこから、費用も比べつつ自分が受診したいと思えるダイエット外来を見つけてみるのも良いでしょう。